俺のブログ

76製作所の製作日誌

ステンレスタンク製作


メインの仕事は今の所金属機械加工部品を作っている

ほとんどが切削なんだけど、たまに曲げとかプレスとか溶接が絡むものもある

今回はステンレス製のオイルタンク、趣味性の高いカテゴリーの商品

これを月に5個程度コンスタントに作っていく

写真の物はハンドメイドのものでSUS304の板を曲げたり、へら絞りしたパーツ、切削パーツを溶接で組み合わせたもの

コレをまずは図面にしていく

また次回に載せたいと思うけど、コレを3Dスキャナを使い3Dデータにする、次に3D CADで各パーツのデータを作ってく

それぞれのパーツは専門の職人に製作してもらい、集まったパーツはこれまた溶接職人に合体してもらう、最後はバフ職人に磨いてもらい完成

タンクは両端がドーム形状なんで、今回ははプレス型を使って量産する、って言っても小ロットなんでZAS型を使う、ZAS型とは金型部分を亜鉛を使った金型の事

砂型である程度の形に鋳造した亜鉛の母材をマシニングで掘り出す、材料が削いのと、削り代が少ないのでコストパフォーマンスが高い

聞いた話だと、SUS304と303だと溶接出来ないと聞き真相を確かめねば

それにしても樹脂パーツの見積もりが上って来なくて不安になる、、、